エイチやビーコンのIPO銘柄について

IPO銘柄だけで利益を上げようとする人がいます。IPOとは新規公開株式のことであり、どの企業も株式会場に上場する時期が必ずあります。
株式市場では、多くの投資家が利潤の追求を求めています。その追求の仕方は個人によって異なります。
しかし、ハイリスクハイリターンかローリスクローリターンなのか、それともミドルでいくのか、その投資スタンスによって異なります。
日本の公定歩合が非常に低いことから、資金が株式市場に流れてきています。
企業は、企業業績が良ければやがて配当という形で、株主へ利益還元をしますが、この配当利回りが、銀行の利息を比較しても、圧倒的に高いものとなっています。
企業業績の悪い企業は、減配や無配になっていますが、多くの企業では高利回りの配当を行っています。
配当以外で主流な利潤追求は、株式譲渡益狙いです。
企業見通しの明るい会社を、安いうちに仕込んでおき、高くなったら売却する、又は、高いうちに売却して安くなった時に買い戻すなど、単純に譲渡益を狙う方法です。
イレギュラーな方法としては、仕手株による譲渡益狙いです。仕手筋と言われる集団が資金力を使って、一つの銘柄を集中的に買い集めることで株価を吊り上げているうちに売り受ける方法で巨額な利益を短期間に取得する方法です。しかし、仕手株では一般投資家の多くが損失を被っているのが現状です。
IPO銘柄では、エイチやビーコンがありましたが、株式を上場しようとする企業は、上場までのマネジメントをしてくれる幹事社となる証券会社を契約し、まずは一般投資家から公募価格により株価を決定して上場を行います。過去では、多くのIPO銘柄が上場初日の初値で公募価格を上回っているのが現状です。