株式市場が軟調な局面でのIPO銘柄への投資

最近のように株式市場が堅調に推移している局面では、IPO銘柄の上場後の初値が公募価格を上回る確率が高くなりますので、投資家はブックビルディングに参加して公募価格でIPO銘柄を購入すれば売却益を獲得しやすいといえます。IPO銘柄の需要が高まり、抽選の倍率も高くなりますが、数多くの銘柄のブックビルでキングに参加して、当選して公募価格で購入できさえすればよいということになります。
しかし、いつまでも株式市場が堅調に推移し続けるわけではありません。いずれは景気後退局面に入りますので、それと共に株式市場も軟調に推移する局面に入っていきます。そのような局面でもIPO銘柄の上場はあります。株式市場が軟調な局面では、IPO銘柄の上場後の初値が公募価格を下回る確率も高まります。このため、堅調な局面と同じようにIPO銘柄をブックビルディングの参加を通じて公募価格で購入しても、上場後に評価損を抱える可能性も高まります。こうした局面でのIPO銘柄への投資方法ですが、どうしても公募価格で購入したいものの初値が公募価格を下回った場合は、上場後に信用売り取引を行ってリスクヘッジをし、評価損を限定的に留める手段があります。その後株価が上昇するか下落するかによって現物買い取引や信用取引を行ってポジションを調整していけばよいと考えます。また、どうみても人気がないと思われる銘柄であれば、ブックビルディングの参加を見送るという手段があります。上場後の株価の動向を見極めたうえで下落局面の押し目で現物買い取引を行ったり、さらに株価が下落すると思われる場合は信用売り取引を行います。IPO銘柄への投資を中心に行いたい場合はこのようにするのも一つの選択肢であると考えております。