IPO購入方法は二つで申込が必要

IPOの購入方法というのは、二つあり一つは上場してきた時に購入をする方法です。
これはIPOだからといって何か特別な購入方法があるわけではなく、上場をしてきたら普通の公開されている株式と同じですから購入方法もすでに上場をしている株式と同じように購入をすることができます。

ただし、注意をしたい点としてはIPOは上場してからしばらくの間は株価が乱高下しやすいので、ハイリスクハイリターンとなりやすいためそのへんをよく理解して購入をする必要があります。
そして、二つのうちにもう一つの方法ですがこれはIPOが上場される前に売り出しが行われるもので、それに申込をして購入するのが二つのうちのもう一つの方法となります。

この方法は上場した株式を購入するのとは違い誰でも確実に手に入れることができるとは限らず、まず申込をしなければ購入をすることができません。
次に申込者が殺到した場合には抽選となり、その抽選に当選して初めて購入する権利を手にすることができるのです。
IPOの公開価格というのは予想される初値よりも安く設定されていることが多いので、公開価格で手に入れることができればそれだけリスクなく利益を手にすることができる可能性が高くなるということになります。
そして、IPOに申込に関してはお金がかかることはなく購入代金相当の資金があれば、抽選に参加をすることができ抽選に外れれば一切の費用が発生することがないので、参加をして損をするということはありません。
それだけに、多くの申込者が殺到することになり前評判の高いIPOほど人気が高くなり公開価格での取得は難しいものとなってしまいますが、リスクはないので申込できるものは何でも申込してしまうと良いでしょう。